院長コラム

求人案内

診療内容

  • 定期検診
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科
  • 子供の矯正歯科
  • 大人の矯正歯科
  • ホワイトニング
  • クリーニング
  • 審美歯科
  • インプラント

トピックス

  • 自由診療料金表
  • 求人案内
  • 患者様専用ページ

院長コラム

  • ためになるコラム

口臭と歯周病を防止する歯磨剤

口臭の原因は?

口の中の細菌が、タンパク質を分解するときに生成する「VSC(揮発性硫黄化合物)」と呼ばれる、硫黄原子を含んだ有機ガス(硫黄ガス)が、口臭の原因(ニオイ物質)です。

口臭はどこで発生するの?

舌の表面には細かな突起がたくさんあります。
そしてその上には、舌苔(ぜったい)と呼ばれる白っぽい物質があります。
舌苔に、食べ物のカスや古くなって脱落した細胞などが溜まると、これらに含まれるタンパク質が、口の中の微生物によって分解され、ニオイが発生します。

舌苔ってなあに?

舌の表面に、食べかすや古い細胞などの汚れが溜まり、層になったものです。

なぜ臭いがでてくるの?

舌苔(ぜったい)や、歯と歯茎にできた隙間・歯周ポケットには、硫黄を含んだタンパク質がいっぱいです。
細菌がこのタンパク質を食べて、消化する時にニオイのガスを出します。
いわば、細菌の”おなら”です。

口臭防止剤「ハイザック」

気になるニオイを消すためには、ニオイの産生を抑制することはもちろん、”ニオイ物質”である VSC(揮発性硫黄化合物)を不揮発化することがポイントです。

当院では、口臭防止剤「ハイザック」を採用しております。

口臭防止剤「ハイザック」の働き

  • 細菌にエサを与えない
  • 細菌の働きを抑制する
  • ニオイを臭わなくする(VSCを不揮発化)

ためになるコラムバックナンバー

PAGETOP