院長コラム

求人案内

診療内容

  • 定期検診
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科
  • 子供の矯正歯科
  • 大人の矯正歯科
  • ホワイトニング
  • クリーニング
  • 審美歯科
  • インプラント

トピックス

  • 自由診療料金表
  • 求人案内
  • 患者様専用ページ

院長コラム

  • ためになるコラム

妊娠中の口の中はどうなっているの?

妊娠中の口の中はどうなっているの?

妊娠中は、唾液がねばねばしたりホルモンの関係で口の中の清潔が保ちにくいです。
また妊娠初期は、つわりなどで食べ物の好みが変わったり、酸っぱいものが食べたくなったりします。一度にたくさん食べれずに、少しずつ何回にも分けて食事をするなど、食習慣も変わります。
この時期は、唾液や胃液の酸度が変化するうえ、つわりで十分な歯磨きができないことから、歯垢が溜まりやすくなり、酸が歯のエナメル質を溶かしたり歯ぐきが炎症を起こしたりして、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。
妊娠中のこうしたトラブルを防ぐためには、ふだん以上に歯磨きが必要になるのです。

<一口メモ>妊娠中の歯ぐきはとってもデリケート
  • 妊娠中の口の中はとても敏感。ちょっとした刺激で出血したり、軽い炎症が急速に悪化しやすくなっています。
    ちょっとしみたり痛みがあったりすると、歯磨きもついおろそかになりがちです。でも、磨きやすい小さい歯ブラシや刺激の少ない歯磨き粉を選んで必ず磨きましょう。
    歯磨き習慣は、自分でできる歯周病予防として、とても効果的な方法です。

ためになるコラムバックナンバー

PAGETOP