院長コラム

求人案内

診療内容

  • 定期検診
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科
  • 子供の矯正歯科
  • 大人の矯正歯科
  • ホワイトニング
  • クリーニング
  • 審美歯科
  • インプラント

トピックス

  • 自由診療料金表
  • 求人案内
  • 患者様専用ページ

院長コラム

  • ためになるコラム

歯にカルシウムを補給しよう

歯は毎日少しずつ溶けている

ご存知ですか?
実は、カルシウムは、歯から毎日少しずつ溶け出しています。
歯からカルシウムが溶け出したままになると、いずれ、むし歯や酸蝕歯などの歯の病気になってしまいます。

 

歯が溶ける原因1

お口の中には、砂糖やでんぷんが入ってくると酸を作り、歯の表面をだんだん溶かしていく細菌がいます。
食後しばらくの間、酸を出し続けます。

歯が溶ける原因2

身の周りには、酸性の飲食物がいっぱいあります。
ソーダ飲料やミカンなどのかんきつ類など、酸性が強いものを頻繁にとっていると、歯が溶け出し、ひどい場合は”酸蝕(さんしょく)歯”になる場合もあります。

 

歯の健康を守るために、大切なこと

むし歯や酸蝕(さんしょく)歯などから歯を守るために、まず大切なのは毎日の歯ミガキです。
とくに、寝る前はしっかり行いましょう。

また、お口の中の汚れや細菌を洗い流してくれるだ液をしっかり出すことも大事です。
カルシウムやフッソをたっぷり含むだ液なら、さらに安心です。

「歯ミガキ+だ液+カルシウム+フッ素」の力で、歯の健康をしっかり守りましょう。

 

ためになるコラムバックナンバー

 

PAGETOP