求人案内

診療内容

  • 定期検診
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科
  • 子供の矯正歯科
  • 大人の矯正歯科
  • ホワイトニング
  • クリーニング
  • 審美歯科
  • インプラント

トピックス

  • 自由診療料金表
  • 求人案内
  • 患者様専用ページ

院長コラム

  • ためになるコラム

知覚過敏について

むし歯は無いはずなのに、「歯がしみるかも?」という経験をされたこはありませんか?
もしかするとそれは、知覚過敏が原因かもしれません。

以下のチェックシートでひとつでも該当した場合、歯科医での受診をお勧めいたします。

知覚過敏チェックシート

 酸っぱいものや甘いものを食べたり飲んだりたとき、歯がしみる
 冷たいものや熱いものを食べたり飲んだりしたとき、歯がしみる
 冷たい風にあたったとき、歯がしみる
 歯ブラシをあてたときや、うがいをしたとき、歯が痛む
 歯ぐきが下がって歯の根が見えている
 歯ぎしりをしている

チェックがひとつでもある方は、受診をお勧めします。

知覚過敏の原因

歯は大きく分けて、エナメル質、象牙質、歯髄神経の三つの組織から成り立っています。
象牙質には、象牙細管という歯髄神経につながるとても細い管があり、この管は歯の外側へと伸びています。
そのため、外側から象牙質に何らかの刺激が加わると痛みが生じます。
これが知覚過敏が起きる メカニズムです。

 

どんな治療をするのか?

当院では「知覚過敏抑制剤」を歯に塗布します。
知覚過敏抑制剤には、ハイドロキシアパタイトという成分が含まれています。
この成分が、象牙細管を封鎖し、知覚過敏の痛みをブロックします。

「歯がしみる」と感じた方は、お気軽に当院へご相談ください。

 

ためになるコラムバックナンバー

PAGETOP