院長コラム

求人案内

診療内容

  • 定期検診
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科
  • 子供の矯正歯科
  • 大人の矯正歯科
  • ホワイトニング
  • クリーニング
  • 審美歯科
  • インプラント

トピックス

  • 自由診療料金表
  • 求人案内
  • 患者様専用ページ

院長コラム

  • ためになるコラム

出産と赤ちゃんのために

出産と赤ちゃんのために

歯周病金は女性ホルモンを利用して発育します。したがって、妊娠中に起こる妊婦性歯肉炎なども、出血するからといって磨かずに放置すると、歯肉炎に進行してしまいます。
歯周病は感染症なので、母体にも赤ちゃんにも影響があります。
妊娠期は歯周病にかかりやすい体になっていますから、「しっかり予防」「早めのケア」「医師と相談」の3つを忘れずに、お口の健康を守りましょう。

妊婦健診で歯と歯ぐきの健康チェック

母子健康手帳にも取り上げられているように、歯ぐきの健康はとても大切です。歯と歯ぐきの病気は無自覚のまま経過することが多く、つい見逃しがち。
妊婦健診のときに歯科の健診も受けましょう。できれば、妊娠初期に1回、安定期に1回、そして出産後は毎年1回の歯科健康診査(定期検診)を受けておくことをお勧めします。

健康な歯と歯ぐきは一生のたからもの

人間の歯(永久歯)は、一生に一度きりしか生えてこない大切なたからもの。虫歯や歯周病などで失ってしまうと、二度と元には戻りません。
妊娠をきっかけにかかりつけ歯科医をもって、定期検診と毎日のセルフケアでお口の健康を保ちましょう。
また健康で美しい歯と歯ぐきは、若々しい口元をつくり、表情を活き活きと見せてくれます。

 


ためになるコラムバックナンバー

PAGETOP