インプラント

求人案内

診療内容

  • 定期検診
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 歯科口腔外科
  • 子供の矯正歯科
  • 大人の矯正歯科
  • ホワイトニング
  • クリーニング
  • 審美歯科
  • インプラント

トピックス

  • 自由診療料金表
  • 求人案内
  • 患者様専用ページ

院長コラム

  • ためになるコラム

インプラントとは?

人は永久歯を失うと、二度と永久歯が生え変わってきません。

歯を失った際に、その部分を補う治療の一つです。
最近インプラントという言葉はよく耳にするけれど、詳しいことはわからない、という方も多いのではないでしょうか? 痛いのではないか、怖いのではないか・・・などの不安もあると思います。
そもそもインプラントは何かを埋めることを意味する言葉で、医学の世界では整形外科の人工関節などを骨に埋め込む治療で多くの実績があります。

歴史的に人間は、失った自分の体の一部を何かで補うことを考え続けてきました。 古い時代から既に貝殻や、動物の歯や骨をインプラントして歯の代わりをつくっていた事実が報告されています。

現在、インプラント治療ではまず、100%に近い純チタンでできた人工歯根(インプラント体)を歯のなくなった部分の骨に埋め込み、失った歯の根の代わりを作ります。 その上に差し歯の要領で歯を作ってゆきます。
もう一度ご自分の歯を作るようなものですから、咬み心地はほぼご自分の歯と同じです。

PAGETOP

インプラント治療の流れ

診査・治療計画

治療に関するご希望を伺い、問診や口腔内診査、レントゲン撮影を行います。そして口腔内の状態やインプラントの埋入本数、治療期間、料金などを事前にご説明させて頂きます。またインプラント以外の治療法についてもご提案いたします。少しでも疑問がございましたらお気軽にご相談下さい。

インプラント埋入

インプラント埋める処置は一回法と二回法があります。各患者様にとってより確実で安全な方法を選択します。 口腔内の状態によっては骨を増やす処置や歯ぐきの形態を整える処置が必要となる場合があります。 術中は局所麻酔をしっかりと効かせるので痛みを感じることはありません。治療の後で、多少の痛みがでることもありますが、飲み薬で抑えられる程度のものです。

かぶせ物(人工歯)の装着

一定期間かり歯を装着し、かみ合わせや歯ぐきの状態が安定してから人工歯を装着します。

定期メンテナンス

当院ではインプラント治療された方に必ずメンテナンスを受けて頂いております。

PAGETOP

インプラントの利点・欠点

失った歯を取り戻すには、インプラント以外にも様々な方法があります。
それぞれのメリット・デメリットを比較したうえで、ご自分に合った方法をお選びください。

インプラント ブリッジ
イメージ インプラント ブリッジ
対応方法 歯の根の代わりになるチタンの棒を骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法。 失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法。
対応本数 1本から、全ての歯を失った場合 数本失った場合
周囲の歯や
顎の影響
  • 歯を失った部分のみの治療で、周囲の歯に負担をかけない
  • 歯を失った部分の骨が機能回復する為やせない
  • 周囲の健康な歯を削る必要がある
  • 大きな負担が健康な歯にかかる。
  • 歯を失った部分の骨がやせる。
審美 ご自分の歯に近い見た目 保険適用外の材料を選択すれば、ご自分の歯に近い見た目
清掃 ご自分の歯と同様に歯ブラシ、スーパーフロス、歯間ブラシ等で清掃 ご自分の歯と同様に歯ブラシし、歯の無い所はスーパーフロス、歯間ブラシ等で清掃
治療期間 顎の状態によって異なるが、4ヶ月から1年くらい。その後も噛み合わせのチェックなどは必要 周囲の歯の状態によるが2週間~2ヶ月前後で装着、その後も調整必要
欠点
  • 簡単な手術が必要である
  • 自費の治療となる。
  • 清掃性が悪くなり、支えている歯が歯周病や虫歯になる可能性がある
  • 支えの歯に負担がかかり、将来的に折れる場合もある
  • 歯を失った部分の骨がやせてくる
入れ歯 総入れ歯
イメージ 入れ歯 総入れ歯
対応方法 失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけて、取り外しの人工の歯を留める方法。 取り外しの人工の歯を顎の上に載せる方法。
対応本数 数本失った場合 全部の歯を失った場合
周囲の歯や顎の影響
  • 周囲の歯に留め金をかけるため、大きな負担が健康な歯にかかる
  • 歯を失った部分の骨がやせる
  • 顎の骨がやせる
審美 留め金が見える部分もある 顎の骨がやせてくると、口元にしわがよりやすい
清掃 はずして義歯の洗浄をする。支える歯も清掃 はずして義歯の洗浄をする
治療期間 周囲の歯の状態によるが2週間~2ヶ月前後で装着、その後も調整必要。 1~2ヶ月前後で作製装着。その後も調整必要
欠点
  • 清掃性が悪くなり、支えている歯が歯周病や虫歯になる可能性がある
  • 外出先などでも取り外しをしなければならない
  • 異物感を感じやすい。
  • 異物感がある
  • 食べ物が食べ辛い
  • 硬いものが食べられない
  • 浮き上がる、外れる心配がある
  • 舌感が悪い、喋りにくい
  • 外出先などでも取り外しをしなければならない
PAGETOP

インプラントQ&A

年齢制限はありますか?

一般的に15歳未満の患者さんには行いません。

当院で は、80歳以上の方にも行っております。また、高齢者の方にはミニインプラントという、手術が簡単なインプラントも行っております。

手術の際、入院が必要ですか?

手術後の安静はある程度必要ですが、入院は必要ありません。(1次、2次手術とも)

交通事故で歯をなくした場合でもできますか?

できます。

歯周病等で歯を失った場合と違い、骨がたくさん残っている可能性が高いため、インプラントが最良の治療法となります。

インプラント治療が適しているのはどんな人ですか?

ご自身の健康に気を使っておられる方には最適です。

インプラントは全身の健康にもつながります。
その他、局所的な要因としては、次のような方です。

  1. 歯を削りたくない方
  2. ブリッジや、入れ歯の欠点をよく知っておられる方
  3. 入れ歯が合わない方
  4. 硬いものを食べたい方
  5. 胃腸の弱い方

などです。

インプラント治療が受けれない人は、どんな人ですか?

心臓病、重度の糖尿病、重度の骨粗しょう症、顎の骨が極めて少ない方などです。

ただし、条件しだいでは、可能なことも多いです。
相対的禁忌症としては、歯ブラシがきらいな方、ヘビースモーカー、健診にお越し頂けない方などです。

インプラントすると、どんなメリットがありますか?

たくさんあります。

  1. 何でも良く噛める。
  2. 入れ歯のような不快感がない。
  3. インプラントがよく仕事をする(噛む力が強い)ので、他の天然歯を守る。
  4. 噛む刺激が脳細胞を活性化し、思考力があがり、また老化も防げる。
  5. 若返る。(チタンは活性水素を発生させ、体の中から若返ることができる。)
  6. 食事が楽しくなり、ご家族、友人との食事中に笑顔があふれる。
  7. 人生が前向きになり、何事にも積極的になり、そのことにより免疫作用も強くなり、長生きにつながる。

インプラントに欠点はないのですか?

医学的な欠点はありませんが、それ以外で欠点は3つあります。

1.手術が必要。

外科的な手術が必ず必要です。ただし、手術中の痛みはほとんどありませんし、鎮静下で行うことも可能ですので、大きな欠点ではないです。当センターでは、特に外科的負担の少ない方法を極力選択しておりますので安心です。

2.費用がかかる。

インプラントは高度医療のため、普通の歯科治療よりどうしても費用がかかります。ただ、インプラントの有用性、健康への寄与度などを考えると決して高い費用とは言えません。当インプラントセンターの費用は非常にリーズナブルに設定されております。

3.期間がかかる。

通常のインプラントのケースでは、下顎で3ヶ月半、上顎で4ヶ月半かかります。
その他、骨増大法(GBR法)や、上顎洞を持ち上げる手術をした場合は、さらに1~3ヶ月かかる場合もあります。当センターでは治療期間が非常に短いのが特徴です。なぜなら、大げさな外科手術をしなくてもインプラントができるため、当然期間も短くできます。

PAGETOP